アニソン名曲.com > こどものじかん Youtube動画




sponsored link



こどものじかんのYoutube動画と作品データ

こどものじかん」(Kodomo no Jikan)

「こどものじかん」は、「私屋カヲル」による漫画作品を原作に制作された、

ラブコメ アニメ作品。

監督は「菅沼栄治」、シリーズ構成は「岡田麿里」、キャラクターデザインは「石川雅一」、

アニメーション制作は「スタジオバルセロナ」が担当。

放送期間は2007年10月〜12月。全12話。

また、OVAシリーズも制作されている。


原作となった「私屋カヲル」による漫画作品は、

『COMIC HIGH』(双葉社)2004年3月創刊号に読み切り作品として初めて掲載され、

2005年から『コミックハイ!』(双葉社)で連載が開始された作品。


新米の青年教師「青木 大介」を主人公にした物語であり、

クラスの女子生徒「九重りん」・「鏡 黒」・「宇佐 美々」の3人を中心に、

色々な問題に直面し、りん達と奮闘しながらも、

生徒達と共に自身も成長していくストーリーとなっている。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 「こどものじかん」のOP+ED+挿入歌


■ 「こどものじかん」のデータベース


■ こどものじかんの感想(出典:Amazon)

ませた小学生少女の過激な言動ばかりが話題になっているようですが、
この作品は最近巷に溢れている
いわゆる萌え系ロリータ趣味漫画とは明らかに一線を画しています。
 作者は小学校教育の様々な問題点についてしっかりと取材をしているらしく、
現場の先生達の苦労や戸惑い、
そして多感な小学生達の抱える心や体の悩みなどが、
コメディタッチの明るい作風の中にもきちんと描かれています。
 毎晩徹夜の予習で頑張っても、経験不足故に教科書をなぞるだけの
退屈な授業しかできない。結果子供達は退屈しだし、誰も言うことを聞かなくなり、
騒ぎはじめる。一体誰のために苦労していると思っているのか。  
主人公青木先生のこうした苦悩は、新任教師なら誰しも最初は経験するものです。
私も以前塾講師をしていたことがありますが、子供達にとって、おもしろく、
分かりやすい授業などというものはそう簡単にできるものではありません。
1時間、子供達に自分の話を聞かせるということがどれほどたいへんなことか、
それは経験したことのある人しか分からないでしょう。  
一方、苦労しているのは先生達ばかりではありません。
小学生の子供達も様々な悩みを抱えています。親や先生を選べない彼らは、
ときに大人達の心無い身勝手な振る舞いに傷つけられながらも、
何とか自分の身を守りながら精一杯生きようと頑張っています。
彼らのませた言動は自分を守るための手段の一つなのかもしれません。
 作中の問題児九重りんちゃんも、
過激なませた言動で青木先生を翻弄させてばかりいますが、
その大人びた心にはどこか影を持っているようです。
そんなりんちゃんも、青木先生の誠意ある姿にいつしか心を開いていきます。
 この作品は結局先生と生徒の心の交流こそが、
教育の中で一番大切なのだというごく当たり前のことを気付かせてくれます。
これから先生を目指そうという人達にも真面目に薦めたい一冊です。




23歳の新任教師と小学三年のマセガキ+その他による学園ラブコメ。
ラブコメなんでしょうかこれ?自分で言ってて微妙。
まぁ、不登校の問題や特定の子にかまいがちな小学校教諭特有の問題とか、
児童の家庭事情にどこまで踏み込むべきなのか、といった結構真面目な話。
大きなお友達の間で話題騒然のようですけれど、
エロとか萌えとかそういったものだけじゃなく、それとは無関係に面白いです。
とはいえ、そちらの面で期待しても間違いではないですね。
おまけページやあとがき、折り返しに作者のコメントがあったりせず、
連載を収録しただけなのがちょっと残念。
あぁ、でもカバー裏に相関図ならあります。




何とも微妙な魅力を持った作品。 主人公に少女でありながら「女」を感じさせ、
逆に担任の教師は、大人の男に「男の子」を感じさせる設定が秀逸。
時に大人と子供が反転したような展回となり、話にふくらみを持たさせている。
まぁ、難しいことを考えなくても作者の実力で十分楽しめると思います。
但し、少々読者を選ぶ作品であるとは思いますので、☆4つの評価です。




ロリコン漫画という需要があるということが知られてきた頃の、
そういう客層を狙って書いているわけじゃないんだけど
そういう方々にも好まれてしまった、という感じの作品を、
しかしそういう客層に合わせて書いたような作品。 といっても、
それは読者への媚びや、思わせぶりな、
エロティックな表現といったものを元にしているわけではなく、
ロリ漫画的な絵と高い画力、そしてそれによる過激な表現といったものが
中心である。 これが作者の力量によるものか、
作者の力量の限界を示すものかはわからないが。
その過激な表現は、煽情的なエロリというよりかはむしろ、
子供の精神的な危うさというものを端的に表現しているし、
主人公教師の、びっくりするぐらいまともなストイックさによって、
それなりに現実的なレベルにまで抑えられているように見える。
イメージで言うなれば、『萌える金八先生小学校版』といったところだろうか。
表紙を見て、単純にかわいいなと思えるような、
"ライト萌え"派漫画読み(?)の方におすすめ。 わりと新感覚、かな?




たまたま携帯サイトの無料試読で見たのですが、第一印象はロリ系萌漫画かな、
と言う印象でした。 それから何となく興味を持ち、
amazonのレビューを見ると多くの方が
「真面目な作品」「オススメ」と書いていたので、興味を持って購入しました。
すると、大当り。 普通に面白かった。 内容はただの萌漫画では無く、
ちゃんとしたお話の純愛ストーリーでした。 作者が女性であるだけあって、
男性キャラも大変魅力的です。 りんちゃんに振り回される先生も凄く可愛い。
大人びた小学生と、子供達と早く打ち解けたくて日々向上に燃える新任教師。
萌要素も勿論ありますが、意外に過激なネタでも全然いやらしくありません。
もしかしたら、表紙とジャンル分けによって
一生手に取る事が無かったかもしれないんだと思うと、
この作品を買って本当に良かったです! ストーリー性のある少女漫画が好きな人、
純粋に可愛い女の子の軽いサービスシーンを少しだけ見たい人などにはオススメです。



アニソン検索

「アニソン名曲.com」に
収録されているアニメソングを
五十音で検索できます。