アニソン名曲 > 神様家族 Youtube動画




sponsored link



神様家族のYoutube動画と作品データ

神様家族」(Kamisama Kazoku)

「神様家族」は、「桑島由一」によるライトノベル作品を原作に制作された、

ファンタジーラブコメ アニメ作品。

シリーズディレクターは「地岡公俊」、キャラクターデザインは「真庭秀明」、

音楽は「武井浩之」、アニメーション制作は「東映アニメーション」が担当。

放送期間は2006年5月〜8月。全13話。


原作となった「桑島由一」によるライトノベル作品は、

2003年からメディアファクトリーのMF文庫Jより刊行されている作品シリーズ。

イラストは「ヤスダスズヒト」が担当。外伝作品に『神様家族Z』などがある。

「家族全員が神様だったら?」という作品設定を元に、

神様の家族であることの不便さ・不自由さを感じる少年少女達の、

奇想天外な日常のドタバタや恋愛模様を描く青春ラブコメ作品。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:Amazon)を見る→


■ 「神様家族」のOP+ED


■ 「神様家族」のデータベース


■ 「神様家族」の感想(出典:Amazon)


けっこう昔の小説だけれど、今でも時々読みたくなる。
好き嫌いわかれるかもしれないストーリーは、この作品ならでは。
初恋の甘酸っぱさや、青春ゆえの苦悩。
三角関係に陥りつつも、爽やかな展開。 私はこの小説を読むと、
なぜか切なくなった。文章はギャグ多めなのに。
1〜3巻は佐間太郎とテンコらのラブコメ、5〜7巻は神様とは何なのか、
といった内容にもとれました。
忘れた何かを思い出させてくれるかもしれない小説です。




神様の息子を主人公とした作品。
苦笑するようなユーモアを多用した、
淡々としつつもどこかとぼけた文体で物語は進みます。
読みやすく、最後まで一気に読んでしまいました。
お決まりな展開を踏襲しつつも、
終盤は非常に感傷的な詩的イメージを用いて一種独特な世界が展開します。
それが、ありがちなストーリーとは一線を画していて素晴らしい。
淡泊なイラストも秀逸。
ユーモラスで、感傷的で、ちょっと歪んだ家族愛がテーマの本作。
シリーズと併せてお勧めです。




この本の魅力は前半のハイテンションなギャグもそうだが、
後半部分を読んだときに感じるものも大きいと思う。
読了後は周りの人にちょっと優しくなれる気がする、そんな本。
シリーズ通しておススメです。




すごいですね、登場人物たちのテンションが(笑)
出てくる人たちのほとんどがボケです。
ツッコミはほとんど主人公の佐間太郎と、その幼馴染みの天使の少女、
テンコでカバーしているので大変そうです。
正直、始めはこの小説のあまりのテンションの高さに少し引きましたが、
ラストはしっかり感動させてもらいました。
さすが、アニメ化されただけありますね。




笑いの書き方が上手い。
シリーズを通して 新鮮な笑いを提供してくれ、元気になれる本。
登場人物達が皆、屈折した愛情に溢れていて楽しく
しかも、最後は必ず感動も出来る良い作品シリーズです。




面白いだけじゃなかった。 登場人物一人一人の人生や過去が見え、深い。
そうなると、コメディ性に限った面白い、ではなく、
構成や演出に対して使われる様な広い意味での「面白い」作品だと思う。



アニソン検索

「アニソン名曲.com」に
収録されているアニメソングを
五十音で検索できます。